1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
個別補償制度は、大手外食とスーパーが儲かって農家は損した!
2010-09-18 Sat 04:37
 これまで農協の買入価格の下落は60kg当り数百円で、買入価格を1割以上も下がったことはありません。ところが今年に限り60kg当り11,800円を1,800円も下げました。何故でしょうか?私の地域の作柄予想は「やや良」ですが、だからといって1,800円も下がる要因とは考えられません。

 一つ考えられるのは、今年から農家への戸別補償が始まるため、農家の農協の口座に10a当り15,000円の戸別補償費が振り込まれます。一般的な農家の米の10a当りの収穫は8俵(8×60kg=480kg)です。戸別補償を60kgあたりに換算すると1,875円になります。これは農協が引下げた買入価格とほぼ同額です。即ち農協が買取価格を60kgあたり1,800円引き下げてもちょうどその分を政府(民主党)が戸別補償で埋めてくれるというわけです。

 つまり農家収入は昨年と殆ど変わりません。一方農協は買入価格を昨年より60kg当り1,800円引下げため、米価格が昨年同じなら60kg当り1,800円が自動的に収入増となります。結果としてニュース等で言っている事とは異なり農家の手取りは昨年に対して殆ど増えず、農協がその分を持っていってしまう結果になります。この動きが偶然なのか、それとも衆議院選挙の協力と引き換えなのかは分かりませんが、昨年の衆議院選挙では農協は民主党を支援していました。裏で話が付いていたと思うのは考えすぎでしょうか。農家の収入を補償するはずが農協の収入を補填するだけの制度となりました。
個別補償制度は、大手外食とスーパーが儲かって農家は損した!




なんで大幅に値段が下がったのか不思議に思っていましたが・・・
なるほどねぇ・・・



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<前原外相 「掘削なら対抗措置」明言 中国の東シナ海ガス田機材搬入 | 旅する掲示板! | タイトルなし>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。