1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
リコー、GXR用APS-C単焦点ユニット「GR LENS A12 28mm F2.5」を正式発表 - デジカメWatch
2010-09-21 Tue 16:36
001_s_20100921163610.jpg


 リコーは、カメラユニット交換式デジタルカメラ「GXR」の新交換ユニットとして、「GR LENS A12 28mm F2.5」を10月末に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は7万円前後の見込み。


■ 高性能「GRレンズ」やAPS-Cセンサーを採用

 CP+2010でリコーが参考展示していた単焦点カメラユニット。GXRの交換ユニットは、撮像素子、レンズ、画像処理エンジンなどからなり、GXRボディに装着して使用する。新製品は、23.6×15.7mmのいわゆる「APS-Cサイズ」の有効約1,230万画素CMOSセンサーを採用。APS-Cサイズのセンサーを搭載したGXR用ユニットは、「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」(2009年12月発売)に続く製品化となる。


■今後のGXRカメラユニットについて

 具体的には、大型センサー搭載カメラユニットを投入することで、高画質のイメージを確立する。大型センサーのサイズはAPS-Cサイズで対応。大型センサーと小型センサーの比率は同程度とする。

 レンズについては、要望の多い単焦点レンズに注力。単焦点のGRレンズをラインナップし、焦点距離は広角側を優先する。

 加えて拡張ユニットの一つとして、マウントアダプターユニットを検討するという。採用マウントは未定。

リコー、GXR用APS-C単焦点ユニット「GR LENS A12 28mm F2.5」を正式発表 - デジカメWatch





マウントアダプタ・・・いいですね。

センサーも大型化できるし、自由度が大きいですね。





関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<パナソニック、3D対応交換レンズ「LUMIX G 12.5mm F12」を正式発表 - デジカメWatch | 旅する掲示板! | シグマ、約4,600万画素・防塵防滴ボディの「SD1」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。