1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
【尖閣衝突事件】ダライ・ラマ来日 中国が異例の「招聘取り下げ要求」
2010-09-23 Thu 01:28
 11月予定のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世の来日に対して、中国政府が日本側の招聘(しょうへい)自体を取りやめるよう要求していることが22日、分かった。中国政府は従来、ダライ・ラマ来日では日本側に圧力をかけてきたが、会合への出席を止めようとするのは異例。沖縄・尖閣諸島周辺での漁船衝突事件を受け、中国側が強硬姿勢を取っている可能性がある。

【尖閣衝突事件】ダライ・ラマ来日 中国が異例の「招聘取り下げ要求」



いい時期に来日しますね。

チベットはチベットのものだと言ってやりましょう!


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:2 | トラックバック:0
<<米国防長官の訪中招請 中国、軍事交流再開へ | 旅する掲示板! | 特捜主任検事を逮捕…証拠隠滅の疑い>>
この記事のコメント
【尖閣衝突事件】東南ア、毅然対応期待 南シナ海で対峙 強い関心―日本は日清戦役で東郷平八郎がイギリス艦を撃沈したときの胆力を思い出すべきだ!!
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
http://bit.ly/dqXWjk
こんにちは。尖閣衝突事件に関して、東南アジア諸国は強い関心を持っています。日本が、毅然とした態度、行動をを取らなければ、日本の信用は地に落ちるでしょう。態度は、当然のこととして、行動については、やはり、実行動を起こすためには戦術が必要です。私は、まずは、東郷平八郎のような胆力がまず第一と思います。それから、自衛艦を派遣したり、航空機でパトロールするだけではなく、日本には、日本らしい中国はもとより他国には絶対できない日本独特のやり方があると思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
2010-09-23 Thu 22:51 | URL | yutakarlson #QFLcvJR6[ 内容変更]
Re: 【尖閣衝突事件】東南ア、毅然対応期待 南シナ海で対峙 強い関心―日本は日清戦役で東郷平八郎がイギリス艦を撃沈したときの胆力を思い出すべきだ!!
中国は損しましたね!

時代遅れのやり方で、中国は、全く信用できないと改めて思ったんじゃないでしょうか。

2010-10-08 Fri 15:33 | URL | osaki #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。