1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
イランの核開発コンピューターを襲った者の正体は
2010-12-05 Sun 20:14
佐々木良昭
イラン核科学者の暗殺とモサドの関係
イランの首都テヘラン市で、去る月曜日の朝、自宅を出て出勤しようとしていたマジド・シャフリアリ教授が爆殺された。彼はイランでトップ・レベルの、核開発の専門家だった、ということだ。つまり、この暗殺事件は、イランの核開発を、遅延させようという、明確な意図の下に、行われたものだ、と断定できよう。
・・・

苺畑より
イランの核開発コンピューターを襲った者の正体はアメリカ?

最近サイバーアタックというとウィキリークを考えるが、実はイランにおいてもっと劇的なサイバーアタック事件が起きたことを読者諸君はご存知だろうか?
イランの核開発コンピュータープログラムが恐ろしいビールスに襲われ大打撃を受け膨大なデータが失われたというのだ。しかもその修理に当たっていた科学者二人が11月29日に自動車爆弾で襲われ、ひとりは爆死、もうひとりは大重傷を負うという事件が起きた。いったい誰がそんな恐ろしいことをしたのだろうか?

実はこの計画はブッシュ政権時代に立てられ、実行に移されたのは一年くらい前のことらしい。そしてオバマはそのことを全く知らされていなかった可能性が非常に大きい。

アメリカがコンピュータービールスを開発し、イスラエルのモサド工作員がイラン国内でビールスの感染を実行したとすればつじつまが合う

このビールスは北朝鮮の核兵器にも通用する武器らしい

イランの核開発をかなり遅らせることに成功した米イスラエル共同作戦(?)に祝杯をかかげよう!
イランの核開発コンピューターを襲った者の正体は



あまり短くできませんでした。

もしこれが本当だったとして・・・
核開発が少し遅れはするかもしれないが、止まるわけではないから、根本的な解決になっていない・・・

というか根本的な解決は可能なのか?




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<CD売れない→濡れ場PVを作ったところ、大反響でCD売れ行きがアップ | 旅する掲示板! | 水道橋博士>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。