1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
狂気ウイルスは存在するのか
2010-12-26 Sun 11:03
「生まれ月効果は分裂病について知られる最も明らかな事実の一つです」、スタンレー医学調査施設の責任者であるフラー・トーリー医師は語る。「それは遺伝子では説明できず、まして悪い母親のせいでもありえない」。

分裂病に関する事実には奇妙なものが多く、トーリーを始めとする多くの研究者は伝統的な説明を離れ、新しい視点に立とうとし始めている。分裂病は心理学的疾患として始まるのではない。それは感染症によって起こるのだと。

この考えは懐疑主義にさらされてきたが、何年もの研究の結果、トーリーと共同研究者たちは病原体を最終的に見つけたと信じている。それを狂気ウイルスと呼んでもいいだろう。もしトーリーが正しいなら、生涯に渡る幻覚の引き金を引き、ジャック・ケルアックやジョン・ナッシュをはじめ、何百万人もの人々の人生を引き裂いてきた元凶は、我々皆全員が身体の中に持っているウイルスなのだ。

http://med-legend.com/2010/12/狂気ウイルスは存在するのか/



ウィルスがわかれば治療もしやすい






関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<<サッカー>「中国人審判が悪い」サポーターが商店を破壊、本当は日本人審判―コンゴ民主共和国 | 旅する掲示板! | ユニセフ募金活動、協会に届けを 県支部呼び掛け/佐賀のニュース >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。