1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
NO・1865「サウジアラビアはなぜ外国要人の亡命を認めるのか」
2011-01-22 Sat 21:45
 チュニジアのベン・アリ大統領体制が打倒され、サウジアラビアに亡命が決まった後、何人かの友人たちに、「何故サウジアラビア政府は、外国要人の亡命を認めているのか?」という質問を受けた。
 それは、サウジアラビアが全てのイスラム教徒にとって、開かれた国だからだ。イスラムの2大聖地があるサウジアラビアとしては、受け入れざるを得ない、というもっともらしい説明をした。
 しかし、そう答えた後で「何故なのだろう」という疑問が頭に浮かんだ。先の説明は大筋で間違いでは無かろうが、確信が持てなかったからだ。その後、サウジアラビアのアッシャルク・ル・アウサト紙が、どうやら本当らしい説明を、していたので紹介する。
 それによると、サウジアラビア政府は亡命後も、その元大統領や国王が、亡命先から工作し、自分の国で流血の報復合戦を、繰り返すことを避けるために、一切の政治活動を行わないことを条件に、亡命受け入れ許可をする、ということだ。
 そのことは、革命やクーデターが起こった国の、国民の安全に寄与することになり、結果的には、その国とサウジアラビアとの関係が、良好なものになるということのようだ。
 これまでに、サウジアラビアは、1979年にウガンダのアイデ・アミン元大統領の亡命を認めているし、スーダンのヌメイリ大統領の亡命も認めている。それ以外には、古い話になるが、イエメンのムハンマド・アルバドル国王、パキスタンのナワズ・シャリフ大統領も、サウジアラビアに一時期、亡命していたことがある。
NO・1865「サウジアラビアはなぜ外国要人の亡命を認めるのか」





なるほどねぇ・・・





関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<日本の職人によるアイロンがけを観た外国人「これはもう芸術!」 | 旅する掲示板! | デヴィ夫人-海老蔵となる、 失礼 私のことです|デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。