1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
(*´ハ`)「川に魚を増やすアル~」→数百匹放流→( `ハ´)(`ハ´ )「……ん?」
2011-02-02 Wed 20:36
1: ミスターJ(dion軍):2011/02/02(水) 11:35:19.01ID:/zNVZlcc0
中国の動物愛護者が市場で買って放流した魚、すぐに現地住民に捕獲される

中国のある地域では、動物愛護者たちが市場で買って来た活魚を川に放流するイベントが定期的に行なわれている。しかし、その多くが放流から2時間もたたないうちに現地住民によって釣り上げられてしまうというから驚きだ。

先日、四川省成都市にある湖付近の川に20人あまりが集まり、それぞれ市場から買い取った計数百尾の魚を放流した。市場の狭い水槽で泳ぎ、やがて食べられる運命にあった多くの魚たちを自然に帰したことで彼らは満足し、その場から立ち去っていった。

しかし、突然の環境の変化に適応できなかった多くの魚は1時間以上たっても泳ぎ去らずにその場をウヨウヨしていたのである。川べりの水面付近でおとなしくしている大量の魚を見た現地住民たちは、竹竿や網、ビニール袋などを取り出して魚を捕まえ始めた。労せずして大物をゲットした住民たちは大喜びだ。その数は次第に増えていき、大きな魚を中心にかなりの数が住民の手中に収まったようだ。

結果的にお金を払って住民に魚を献上したことになる放流者の1人は「数年前は放流すると、釣り人はその場を離れてくれた。それが今では、我々がいなくなったとたんに魚を捕まえに来る」と、動物愛護の心をないがしろにする住民を嘆いた。

ただ、市場の魚を買って放流するという行為にも賛否両論あるようで、「水槽で成長した市場の魚を湖に流しても人に食われるか、環境に適応できずに死ぬかのどちらかで、意味のない行為。稚魚を放流した方がよっぽど環境保護になる」と首をかしげる人もいるとか。単なるパフォーマンスでないのであれば、もう少しやり方を考えた方がいいかもしれない。
(*´ハ`)「川に魚を増やすアル~」→数百匹放流→( `ハ´)(`ハ´ )「……ん?」




前から中国はこんな感じ・・・







関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<預金先の銀行が経営破綻したらこうなるよ - ogaworks | 旅する掲示板! | ネットゲリラ: 中国人が狙う次の標的は「一円玉」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。