1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ウィキリークスの米外交公電から見た中国次期最高指導者・習近平
2011-02-20 Sun 22:22
2011年2月18日、北米華字ニュースサイト・多維ニュースは、ウィキリークスが入手した米外交公電で、中国の次期最高指導者・習近平(シー・ジンピン)氏がネット検閲を緩和すると予想されていることを報じた。以下はその抄訳。


先日、ロイターはウィキリークスがまだ公開していない米外交公電を報じた。第三者より入手したものだという。習近平氏が、国家副主席に続き中国共産党中央軍事委員会副主席の座を手に入れ次期指導者の地位を決定的にした後、米大手メディアはその人となりを分析してきた。しかし改革派、穏健派、穏健より、保守派、自由派など全く異なる見方が飛び交っていた。

ウィキリークスの米外交公電から見た中国次期最高指導者・習近平―中国 (Record China) - Yahoo!ニュース


権力を手に入れたと単に・・・ということもありますが・・・




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<中国贅沢品市場、30%以上が「愛人」による消費 | 旅する掲示板! | 「スカイマイル」のマイル有効期限を廃止する。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。