1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
【放射能漏れ】原発従事者被曝線量上限 100ミリシーベルト 超えても重大な影響なし+(1/2ページ)
2011-03-24 Thu 21:56
 被曝(ひばく)線量の上限は一般が自然被曝以外に年間1ミリシーベルトなのに対し、原子力関連施設での緊急作業従事者は100ミリシーベルトと定められている。震災での原発事故後には、厚生労働省が福島第1原発での作業者に限って基準を250ミリシーベルトに引き上げた。なぜ、基準に開きがあるのか。万が一基準を超えた場合、人体にどう影響するのか。

 被曝が人体に悪影響を与えるのは、放射線がDNAや細胞を傷つけるからだ。詳しい仕組みは不明だが、がんになる可能性などが増えるため、被曝線量の上限が定められている。

 放射線影響研究所や文部科学省のホームページなどによると、250ミリシーベルトの被曝は成人にあまり影響はないが、胎児に影響が出る。

 1千ミリシーベルトほどの被曝では30歳の人が40年後にがんを発症するリスクは1・5倍になり、死亡率は低いが吐き気などを催す「放射線病」を発症する。2千ミリシーベルトを超えると男性が不妊となり、4千ミリシーベルトになると半数が死亡する。

 難しいのは、それより少ない線量の被曝だ。
【放射能漏れ】原発従事者被曝線量上限 100ミリシーベルト 超えても重大な影響なし+(1/2ページ) - MSN産経ニュース



知り合いの原発関係者に聞いたら年間20ミリだという、多分内規。
テレビで言ってるよりだいぶ低いなぁと思ったら、ほぼリスクゼロなんですね。
それだけ守られてる・・・大手正社員だから?









関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<「ただちに健康に影響を与えるものではない」 | 旅する掲示板! | 自殺のガンマニアを送検 ナイフ150本、実弾5千発など所持容疑 警視庁 - MSN産経ニュース>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。