1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
増刊!たかじんのそこまで言って委員会 武田邦彦 原発の正体 1/2
2011-03-25 Fri 22:09



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:1 | トラックバック:0
<<高橋洋一の民主党ウォッチ 原子力安全・保安院の問題体質 経産省「植民地」、そして「東電の虜」 (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース | 旅する掲示板! | 「訪中の日本人2人から放射線」 現地の病院で処置 - 国際>>
この記事のコメント
【720p】増刊!たかじんのそこまで言って委員会 武田邦彦 原発の正体―【私の論評】日本の原発の安全性神話は、地球温暖化の虚偽と同程度に危ないらしい?やはり
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
こんにちは。武田氏の見解では、今日の原子力行政の問題は、原子力保安院に大きな原因があるとしています。私も、そう思います。これは、本来は、原子力委員会と、原子力安全委員会というもともとの組織にさらに、新たに付け加えた組織です。私のブログでは、かつての北海道拓殖銀行の破綻を例にとって、この組織の危うさについて説明しました。特に、拓銀には、もともと、営業部と、審査部という組織があったのに、それをさしおいて、総合開発部という組織を創設し、結局これが、拓銀破綻の先端を開いてしまったことを例にあげました。ただし、武田氏は、結局は原発を運営するには、スーパーマンが必要であるとしていますが、私は、そうではなく、かつての銀行が、不良債権問題を解消するために、実施してきた、当時の銀行マンの合言葉である「コンプライアンス」を基とした組織改革が必須だと思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
2011-03-26 Sat 11:41 | URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。