1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
NO・2046「デルシュピーゲル誌がイラン科学者暗殺をモサドと主張」
2011-08-02 Tue 22:43
今年の7月23日に、テヘランの自宅を出た科学者が、何者かによって銃撃され、死亡...

 今回のデルシュピーゲルの報道については、幾つもの興味が湧いてくる。これまでドイツは、ホロコーストのことがあったために、イスラエルに対し、極力批判をしないで来ていた。
 今回、デルシュピーゲル誌が、イスラエルのモサド犯行説を唱えたのは、その意味で歴史的な変革、とさえいえるものではないか。
 デルシュピーゲル誌が流した情報は、当然、ドイツの情報機関から出たものと思われる。そのことを、ドイツの情報機関はマスコミに流すように、なったということであろう。
 あるいは、もしドイツの情報機関でなければ、他のヨーロッパの国の情報機関からの、情報ということになるが、その場合もやはり、大変化といっていいのではないか。

NO・2046「デルシュピーゲル誌がイラン科学者暗殺をモサドと主張」



でもなぜ・・・



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<<高速鉄道脱線事故>遺族22組が賠償受け入れ、イタリア人も―中国 | 旅する掲示板! | 【中国】新疆ウイグルの連続襲撃事件、地元警察が逃走のウイグル族2人を射殺=緊急会議招集も再発防げず[08/02]>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。