1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
CPUの廃熱を用いた冷却技術を開発 : 富士通
2011-11-07 Mon 20:53
株式会社富士通研究所(注1)は、CPUから発生する廃熱を利用して、サーバルームの冷却に使用する冷水を製造する技術を開発しました。

工場施設の冷却に使われる低い温度の冷水を製造するには、高いエネルギーが必要です。現在、電気あるいはボイラーなどの熱エネルギーで冷水は製造されていますが、熱源として高温の廃水に含まれる熱を利用する試みも始まっています。今回、これまで冷水の製造には利用できなかった低い温度の熱からも冷水を製造することができるようになりました。水冷式のCPUより排出される廃水は、55℃と温度が低く、負荷によって温度も変動しますが、この廃水からも連続的に冷水を製造することが可能になります。

本技術により、これまで利用していなかったCPU廃熱を冷却に利用でき、既存のデータセンターの消費電力の約40%を占める空調消費電力を最大で約20%削減することができます。これにより、サーバラック1台あたり、年間最大で1.2万kWh、杉の木360本分のCO2の削減に貢献できます。
CPUの廃熱を用いた冷却技術を開発 : 富士通




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<模様を汚れと間違えて掃除、芸術作品が台無しに 独美術館 国際ニュース : AFPBB News | 旅する掲示板! | 東電 「臨界」の判定基準を見直しへ >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。