1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ツイッターの写真を無断転用した報道機関に対し、賠償金支払い命令判決
2013-02-07 Thu 19:05
ツイッターの利用規約には「ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿、表示することをもって、媒体または配布方法(既知のまたは今後開発されるもの)を問わず、かかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配布するための、世界的な非排他的ライセンスを(サブライセンスを許諾する権利と共に)当社に対して無償で許諾するものとします」とは書いてあるが、今回のモレル氏のケースのように、コンテンツを再配布する第三者については何も言及されていない。ちなみに、同規約には「本サービス上にまたは本サービスを介して、自ら送信、投稿、または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします」という文面もある。

 AFP通信が配信した8枚の写真それぞれについては法廷損害賠償金が支払われることになった。エスターライヒャー氏は、モレル氏のプロ写真家としての権利を認める今回の判決に同意すると述べた。エスターライヒャー氏は「ビジュアル・ジャーナリストとして、私は今回の判決に満足している。判事は、写真を撮影することによって生計をたてている人たちが、危機的状況に陥っていることを理解してくれた」と述べた。しかし、モレル氏は全面勝利というわけではない。なぜなら、判決によれば、同氏は使用された写真の「種類数」に基づいて損害が補償されるからだ。同氏側が主張したように、写真の「コピー回数」ではないのだ。
ツイッターの写真を無断転用した報道機関に対し、賠償金支払い命令判決





関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<人工網膜システム、米で認可へ 網膜色素変性症の患者に光 国際ニュース : AFPBB News | 旅する掲示板! | 爆食中国 “尖閣マグロ”人気 2倍の高値、産地偽装も - MSN産経ニュース>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。