1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
もし細菌が抗生物質との戦いに勝利したら « WIRED.jp
2013-02-08 Fri 19:47
現在、新しい抗生物質の寿命はだんだん短くなっている。多くの場合で、あっという間に細菌に抵抗力がつくからだ。WHO(世界保健機関)やアメリカ感染症学会(Infectious Diseases Society of America)は、悲劇的な状況を認識して解決策を探している。

約2年前、WHOの責任者は、すでにペニシリン発見以前の時代に回帰する可能性について話をしていた。これに対して、昨年は「現代の医学の終わり」が差し迫っていると警告した。こうした機関が各国政府に対して投げかけた最後の挑戦は、20年までに少なくとも10の新しい有効成分を見つけるというものだ。そのために予算を獲得しようという希望をもっている。実際、過去5年間に新しい有効成分はたったの2つしか開発されなかった。これに対して、過去20年間に効果のなくなった有効成分の数は、60から90になった。

なぜだろうか? 理由は単純だ。製薬会社にとって、寿命の短い薬に投資することは割に合わないのだ。新しい抗生物質を開発するには、有効成分の発見から臨床試験までに約6億5,000万ユーロものお金がかかる。コレステロール値を低下させるスタチンや、肥満防止の薬を開発して売るほうがずっと簡単だ。しかしそうこうしているうちに、細菌は繁殖し、抵抗力が強くなっていく。
もし細菌が抗生物質との戦いに勝利したら « WIRED.jp








関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<長野・飯田市、交差点を円形の「ラウンドアバウト」方式に改修 | 旅する掲示板! | 感情を制御できなくなった韓国…通貨戦争への「参戦」示唆、日本の金融緩和で痛手―中国報道|新華社日本語経済ニュース-XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。