1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
「黒田にそんなガッツがあるとは誰も信じなかった」ジョージ・ソロス
2013-04-07 Sun 00:28
Soros: It is a sensation. It broke some of the taboos of monetary policy orthodoxy and it is a very daring undertaking and actually last night Turner who has joined FSA who is now running FSA and European Stability Institute, who was a candidate for Bank of England. Now he joined us. I think it is a great coup for us not even for the world. Because he is one of the most original thinkers on this issue. He gave a speech last night which I think provided the theoretical foundations on the basis which you can understand what Japan is trying to do and that is that on conditions of deflation that Japan has been in for the last twenty five years. One way to do that is to have monetary policy which buys government bonds in the market and government bonds have been providing fiscal stimulus so that effectively does not increase the amount of debt outstanding because what as government sells bonds on one hand and the bank buys on the other hand so the government own the bank, effectively does not increase the debt, but, if it stimulates the economy uses the unused resources then the economy grows.
これはセンセーションだ。金融政策のタブーを打ち破っている。これは凄い大胆なことで、最近、アイネットに参加したターナーも昨夜のスピーチで語ったことだがとても果敢な試みだ。ターナーはFSAとESIを切り盛りしているがこの問題に関して彼は最もオリジナルな考え方を持つ人なので、アイネットに彼が参画したことを嬉しく思っている。彼の昨夜のスピーチがこの問題に関しての理論的な基礎を提供していると思う。それを見ると日本が今やろうとしていることがわかる。ひとつのやり方は国債を市場で購入することで債券の流通残高を増やさずに経済に刺激を与えるというものだ。片方で国債をイシューしておいて、もう片方でそれを買うので、政府が中央銀行を牛耳っているのと同じだ。この方法で景気が刺激できるのなら、活用されていないリソースを使うことになるので景気は拡大する。

CNBC: Everybody has to be on board, though, not just policy makers. If people continue to suck away the money under their Tatamis, and refuse to participate, this could all fall flat in the face.
でもそのためには皆が参加しなければいけないですよね? 若し人々がタタミの下にキャッシュを貯め込み続ければ、この試みは成功しない。

Soros: Well, it could, but, actually this is why there is something so dramatic that people can’t ignore it. So, it has actually galvanized people. If you go to Japan, you will find that people are quite excited. Because for twenty five years, Japan has been dying a slow death. And now they woke up. The fascinating thing is that in Europe, the austerity program is actually leading Eurozone into exactly the same policy that Japan is now trying to escape from, after twenty five years.
それはそうだ。だからこそ、何かドラマチックなことを打ち出して、庶民が無視できないような事を引き起こす必要があるのだ。実際、日本人は活性化されている。日本に行くと、人々は興奮している。なぜなら過去25年間、日本は緩慢な死への道を辿ってきたからだ。いま、日本はそれから覚めた。面白いのは今、欧州は日本を緩慢な死へ追いやったような政策を、いま採用しようとしている点だ。
「黒田にそんなガッツがあるとは誰も信じなかった」ジョージ・ソロス


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<鳥インフル感染源報道、独自取材ダメ…中国 | 旅する掲示板! | プロ棋士が電王戦2敗目 将棋、コンピューターに - 47NEWS(よんななニュース)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。