1. 無料アクセス解析
NOSTALGIA、旅するブログ! で扱った中国、チベット、、香港、ベトナムなどの情報。   こちらへのリンクが確認できないと、トラックバックはできません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
自転車
2005-05-20 Fri 16:16
チャリダーじゃないのに、いつの間にか・・・。
ラサからカンパラ峠(完全舗装)を通り、ヤムドゥク湖、ナンカルツェ、カローラ峠を通り、ギャンツェ、そして、今、シガツェです。

下のかきこから、いったんラサに帰りまして、バスで直接テングリに入ろうと思ったのですが、フランス人に誘われて、チャリ行きとあいなりました。

ヨーロピアンのチャリダーには、ついていくもんじゃありませんね。
一日目いきなり90キロ。太ももの前と後ろ同時につりました。
テントの中で、大悶絶。二日目のカンパラは、23キロずっと昇り。
1000M上ります。足がつりまくっている私は、当然、ほとんど押して上っていくことになりました。

夕方。。。といってもまだまだ明るい4時ころ、峠につき(吹雪)、5000弱から4500mまで降りると、体もだいぶ楽になりました。
ヤムドゥク湖が見えて気分も爽快です。降りてすぐの村で、食事ができます。
これを逃すとナンカルツェまで手持ちのものしか食べれません。
カンパラから、湖畔の道は、工事中で通行止め、工事車しか通りません。
夜は、通行が解除になるのか、車の音がけっこうしていました。

ナンカルツェは、宿も食堂もあります。ヨーロピアンのチャリダーは、
もちろん宿には泊まりません。キャンプです。
ナンカルツェから1時間ほどこいだところに分岐があります。
ここを左に曲がるとブータン方面になります。

ここで私の自転車がまたトラブル・・・。クランクがまたまたずれて緩んでチェーンに干渉して、おまけに全体的にクランクが左にずれてしまって、回らなくなってしまいました。皆さんにお別れを言って、ヒッチでナンカルツェへ舞い戻りました。

ラサからの所謂、南ルートは、いま工事中で、通行止め。
夕方からは通れるようですが、車を捕まえるのは、難しいとのこと。

よる自転車をいじっていたら、どういうわけか直ってしまっていた。
こいでいるとまたクランクの軸がずれてくるので直しながら行くことにした。車を待っていてもらちが明かないし、ギャンツエまでは、2日の距離。
いけないことはない。目の前のカローラ峠5000Mさえ超えればなんとかなるでしょうというわけで、次の日6時半にナンカルツエ発。
8時半にヨーロピアンの寝ているテントに追いつき、間で彼らは寝ていたのでそのままスルー。峠には1時ころついた。

峠でラーメンを作り彼らを待って、峠を下った。今まで体験したことのないダウンヒルでほとんど2日間下りっぱなし。

チャリだー2人組は、まだ、ラサにはこないかな?
ダウンヒルの写真取りたいな。

チョモランマ行ったらすぐラサに帰るから、よろしくね。
サイクリングパーミットってあるんですね。300でシガツェで取れますよ。期間は、1ヶ月はもらえます。普通のやつは10日間。

筋肉痛も治って、自転車は、まだ壊れたまま。直しなおしいきます。
バスも使ってね。。。

カンパラ。。。完全舗装
カローラ。。。未舗装
ギャンツェーシガツェ。。。完全舗装

チベットでは、雪が降っても吹雪が来ても、ちょっと待てば、すぐにやみますから、ゆっくり行きましょう。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | チベット | コメント:0 | トラックバック:1
<<ラサに戻りました | 旅する掲示板! | シガツェ >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


チベット・サイクリング・ラサーヤムドゥク湖ーギャンツェ 昨年、久しぶりにチベット自治区内に行ってきた。自転車持参で飛行機でラサに入った。現地で誘われて、ネパール方面に行くことになった。私は、チョモランマ・ベースキャンプまでということで行くことにした。 中 …
2006-06-10 Sat 20:51 旅するブログ!
| 旅する掲示板! |

旅するブログ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サーバー・ホスティング
サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。